芋の独り言

当ブログへのアクセスは当ブログのプライバシーポリシーに同意したものとみなします.

GABAって何?

テレビで夜眠れない人にはGABAを含んでいる茄子がおススメだと紹介していたわけですけど, ”GABA”ってなんやねん?って思ったんで,少し調べてみると,
GABAとは,
γーアミノ酪酸 γ-aminobutyric acidというアミノ酸の一種で,抑制性神経伝達物質の例
※γはガンマです.
というわけです.
ニューロン神経細胞)同士の接合部をシナプスといい,シナプスの間には僅かな空間(シナプス間隙という)があって,神経伝達物質と呼ばれる物質をやり取りすることで,ニューロン間で情報をやり取りしてるわけです. このシナプスには神経伝達物質を受け取って閉じたり開いたりするゲート(神経伝達物質を受け取る部分を受容体,ゲートをイオンチャネルという)があるわけです.
GABAを受け取る受容体をGABA受容体といい,GABA受容体がGABAを受け取る(GABAが受容体と結合する)と,ゲートが開いて,シナプス後細胞神経伝達物質を受け取る側のシナプス細胞)内に陰イオンが入ります.これによって,細胞内の電極がマイナスになり(過分極抑制性シナプス後電位 inhibitory post-synaptic potential: IPSPの発生),シナプスの活動が抑制されます.
シナプスの活動が抑えられることで,眠たくなって寝てしまうということなのでしょうね.これがGABA含む食品を摂取することで寝つけが良くなる理由もといメカニズムだと思われます.

また,GABA受容体にはアルコールや睡眠薬などの成分に作用されて働くものがあり,これがお酒を飲んだり睡眠薬の投与で寝てしまう原因なわけです.とはいえ,お酒の飲みすぎは別の症状を引き起こすことになるのでやめましょうね~