芋の独り言

当ブログへのアクセスは当ブログのプライバシーポリシーに同意したものとみなします.

R+Jupyter(Anaconda)の環境構築メモ

環境は通常のWindows10です まず,以下より各ソフトのインストーラー(exeファイル)をダウンロードし,各ソフトをインストールします. インストールしておかないと,”R console”でのコマンド入力で必ずエラーを吐きます... インストールする際にPathも自動設定してくれる項目を必ずチェックしといた方が良いでしょう.

インストールが追わったら,デスクトップとかにあるRのアイコンをクリックし,”R console”を起動させます. そして,以下を順に入力していきます.

> install.packages(c('repr', 'IRdisplay', 'evaluate', 'crayon', 'pbdZMQ', 'devtools', 'uuid', 'digest'))
> install.packages('IRkernel')
> IRkernel::installspec()
> devtools::install_github('IRkernel/IRkernel')
> IRkernel::installspec()

以上のコマンドが無事に完了したら,Anacondaの中にあるJupyterアイコンをクリックするか, jupyter notebookコマンドでJupyterを立ち上げます. 後はPythonと同様にRでJupyter notebookを作成していきます. R studioを以前にインストールして触ったことあるけど,Jupyter notebook使えるなら,特にインストールする必要はないかな~

Ubuntuでの環境構築

UbuntuへのRのインストールですが,”Ubuntuソフトウェア”の”教育と科学”にRがあるので,そこからインストールするのが簡単ですね~ とはいえ,このRはバージョンが少し古いようなので,最新版をインストールしたい場合は他サイトに示してある方法でインストールしてください.

それではJupyterでRを使えるようにしますが,やることは基本的にWindowsと変わらないと思いますが,RtoolsはWindows用のようなのでインストールの必要はないです. というより,インストールできません. それでは以下のコマンドを入力・実行しましょう.
まずは,Windowsと同じように,Rコンソール?で,

> install.packages(c('repr', 'IRdisplay', 'evaluate', 'crayon', 'pbdZMQ', 'devtools', 'uuid', 'digest'))
> install.packages('IRkernel')

次はターミナルで,

$ sudo apt-get install build-essential libcurl4-gnutls-dev libxml2-dev libssl-dev

以上は'devtools'をインストールできるようにするために行います.

> install.packages('devtools')
> IRkernel::installspec()
> devtools::install_github('IRkernel/IRkernel')
> IRkernel::installspec()

IRkernel::installspec()を実行してもエラーが出るので, Rコンソールでなく,ターミナルで以下のコマンドを実行していきます.

$ sudo apt install r-cran-littler
$ r
IRkernel::installspec()
q()
$ jupyter notebook

これで,Windowsと同じようにUbuntuでもJupyterでRが使えると思います. 間違いがあれば,ご指摘お願いします.

参考