芋の独り言

当ブログへのアクセスは当ブログのプライバシーポリシーに同意したものとみなします.

多世界樹説

平行世界と世界樹をごっちゃにしたようなものを考えたんですが... ただの妄想なので深く考えたり真面目に突っ込まないでくださいね...

f:id:kusoimox:20200229114200j:plain
世界樹

なんか画像が汚いな... スキャンが原因か?

ま,それはさておき, 図のように,世界の種みたいのから無数の世界そのまのである幹が伸び,さらに枝という感じで世界が無限に分岐していく,といった感じの考えでして, 幹や枝を横にスライスしたときの断面というのが宇宙の瞬間を捉えたものになると. 2次元3次元的な絵ではあるんですが,実際はもっと高次元ではないだろうかと.

ある世界線から別の世界線を観測することはイデアという樹皮に囲まれているため観測することができないが, 過去に関しては観測できるだろうと. ただし,過去に飛んだ時点で枝分かれし別の世界線に行ってしまうことになります.

スピリチュアル的な要素も考えると, 我々の意識といいますか, 存在するものすべてには魂が宿っていて, 魂は色んな世界線に行ったり来たりする,いわゆる輪廻転生ってやつですかね,をすると. その上で,今のループで徳を多く積む・善行を行うと次のループは最高の希望通りのステータスで始められると. 逆に大きい悪事や,小さい悪(ポイ捨てもしくはそれは見て見ぬふりをしたり)も積み重ねてしまうと 希望とは真逆のループをさせられると. ここら辺の話は”松紳”で島田紳助さんがしていた話をほぼパクリ.

世界樹は別の世界樹となる種子を実らせ, 種子は虚無で多次元に幹や枝を生やしてく...