芋の独り言

当ブログへのアクセスは当ブログのプライバシーポリシーに同意したものとみなします.

つぶやき

ふと,学生生活を振り返ってみると, 私の実力不足や他力本願といったところもあるかもしれないのですが, それでも, 担任の教師や同級生といった人に恵まれなかったなと思いますね.

中学のときが最悪でしたかね~ 楽しんでスポーツをやりたいと思って入った部活動が途中で顧問が変わってから, 走るのが苦手だった私に走ることだけしかやらせずに楽しみを奪われてきました. 仮に強豪校だったら納得できますが, そうじゃないし,担当が変わる前はそうじゃなかった. 挙句その担当の野郎は生徒にキレてボールを思いっきりぶつけることもありました. 今思えば異常なことで,その担当の輩は糞野郎だったと思いますが, その当時は何もできなかった... 仕方ないと諦めていたところがありましたね... 今だったら,暴力ではなく,言葉で論理的に指摘しなさいとその輩に注意しますね~

同学年においても,良い人や面白い人はいたんですが,私のいた学級にはネチネチと私に絡んでくる輩ばかりで, 今思い出しても怒りがこみあげてくる. そして何が一番気に入らなかったかというと学校のお勉強やスポーツではソイツラに私は勝てる見込みがなかった... 口でもうまく言い返せなかったですね,当時は. 今なら相手にしませんし,徹底的に論理的に追い詰めてやりますね. そして,人間関係で悩んでいた時に担任教師は自分の地位が大事で助けてくれなかった... むしろ,別の学級の担任の教師の方が話を聞いてくれました. その教師の方には感謝ですが, 小学校から高校に至るまで担任教師にはツイテなかった... 私,もとい,学生のためを思って叱ったり教えたり一緒に考えてくれたりする教師はいませんでしたね... 教師に関して言うと私は信頼できませんね. さらに昨今のことを考えると,お前らは愛国心や道徳を教えずして,自虐史観と役立たない受験勉強の知識だけを教えやがって, お前らは教師失格や!と思いますね. 教師全員がそうではないと思いますが...

教師は教える立場として,学生より人間性が優れていなければならず, 学生と一緒に考え成長できなければならないし, 学問を教える際には宗教的な思想や私情を排した上で, 学生が飽きず,将来役立つ智を授ける存在でなければならないと思います.

ただ,両親や部活動での先輩は良い人ばかりでツイテいたと思います. そこは感謝ですわ. そういった人との繋がりは大事にしないとなと思います.