芋の独り言

当ブログへのアクセスは当ブログのプライバシーポリシーに同意したものとみなします.

結論:lainはかわいい


serial experiments lain (シリアル エクスペリメンツ レイン) PlayStation実機 - 1080p 60fps

こんなゲームがあったとは... 今敏監督の”妄想代理人”に近しいものを感じる... 平沢進P-MODEL)→lain などのゲーム→今敏 という流れがある気がする. 方向性が違うので比較するのは違うと思うが,”.hack//”シリーズがマイルドというか小学生向けに見えるな... まぁ,”.hack//GIFT”は近しいものがあるか... ”攻殻機動隊”の人形使いの話にも似たような点があると思う. 作品の時代的にも同じぐらいだし, 90年代はこういった深みのあるサブカルチャーがたくさんあったワケか. (とはいえ,偽物も多かったろうけど.それで名作が埋もれることも多かった...) そして,時代は未だにどれにも追い付いていないのが事実.
serial experiments lain”という作品.プレイしたいような,したくないような. この作品はただのサイコホラーじゃなくて,人間の本質といったものを描き出そうとしている気もする. この世界線の現実ではハードが必要だが,Wiredではハード(肉体)は不必要でソフトの方が重要なワケだ. 我々はハードを取るのか,ソフトを取るのか,いずれ選ばなくてはならなくなるのかもな. そして,ソフトを取った時,我々がパラダイムシフトするときなのだろう.

関連?

げんげんもまたlainにWiredへ引きずり込まれたわけか...


脳トレをするげんげん

関連作品

どっちも見たことないんで,いつか視聴しよう.